ココロ と ココロがつながる ---『聴く』を磨く★ ワークショップ
あなたは、ひとの話を「本当に」聴けていますか?
「本当に聴く」ことができるようになると、そこに、
真のコミュニケーションが生まれます。
真のコミュニケーションは、深い信頼関係を生み出します。



2011年も講座を開催します!

●名古屋のかた、この秋、感動の体験が待ってます♪

「聴くを磨く」〜オレの話を聞け!と言われたことのあるあなたへ〜
http://ameblo.jp/gokigen-choko211/entry-10986604222.html
「じぶん表現講座」〜あなたがもっと自分をすきになる!〜
http://ameblo.jp/gokigen-choko211/entry-10987042586.html
早割期限、延長です♪ →9月22日!
お申込をお待ちしております!!

2010年08月31日

「聴きかた」は、「生きかた」 『聴く』を磨く講座 早期割引は、本日まで! 活用してくださいね〜♪


人の言葉、話を“聴く” 聴き方。。。

「聴きかた」は、「生きかた」 

『聴く』を磨く講座を開いてるかめおかさんの言葉ですが、最近つくづく 痛感しています。。

相手の言葉や、話を、まるごと聴けてるか。。。

話を聴くことは、意図を汲み取ること。。。

思いを汲み取ること。。。

自我を 横に置いて、相手の思い、心を汲み取る。。。

日々学びです。。

『聴く』を磨く講座
東京、浜松、大阪と共に、名古屋でも開催させていただきます

私は 主催の側でもありますが、共に学ばせていただける機会に感謝しています


☆ かめおかさん メルマガより、皆様へ。。


ひとの話を聴いていても、ついつい
自分のことを考えちゃってるなあというひと。

「あなたは私の話を聴いていない」と、
親しいひとに言われて、
ショックを受けちゃったひと。

ネガティブな家族(同僚・友だち)の話を、
もっとうまく聴けるようになりたいひと。

あるいは、指導者として、聴くちからを、
さらにブラッシュアップしたいひと。


そんなひとは、一度、かめわざ流
「聴く」を、体験してみてください。

あなたの「聴く」ちからが、変わります!

  ★  ☆  ★  ☆  ★ 

それでも、まだちょっと迷うなあという
あなたは、こちらを読んでみて!

■無料メールセミナー「『聴く』を磨く」■
http://plaza.rakuten.co.jp/kamewasa/diary/201006250001/

かめわざ流「聴く」のキモが、
たった10回で無料体験できます♪

おかげさまで、告知後1か月半で、
400名近いかたにダウンロードいただき、

アンケート返却率も、30%近く! 
という驚異の数字になってます♪

どうぞ、お気軽におためしください。(*^_^*)


音声でも、アツく、語っています♪

6月21日の「ねとらじ」 http://bit.ly/cvMxiU
アクセス1200、超えました! 感謝!(*^_^*)

★連続講座「『聴く』を磨く」第5期生募集!
http://plaza.rakuten.co.jp/kamewasa/005025


話をするのは、ちょっと苦手だなあ
と感じるひとがいました。

過去、ちょっと、トラブルというほどではないけれど、
意見が食い違ったことがありました。

そのときの対応が、やや強めで、
あまりいい印象がなかったので、
苦手だなあと思っていたのです。


でも、そう感じている自分に
気づいたときに、

あ、私、まっさらな気持ちで、
相手に向かってないなあって 
思ったんです。


たしかに、かつて、そういう
向き合いかたはしたかも
しれないけれど、

今度会ったときにも、同じ
ようになるとはかぎりません。

それに、こちらが、最初から
そういう気持ちでいれば、
それって、無意識のうちに、
相手にも伝わると思うんです。


そのときに気づいたんです。

そうだ。話をするんじゃなくて、
話を聴きにいけばいいんだって。


話をしようと思うと、つい、
自分の主張を通したくなります。

でも、話を聴こうと思うと、
相手を理解しようという方向に、、
気持ちのベクトルが変わるんです。

相手を受け入れようという気持ちが、
しっかり生まれるんです。


その瞬間に、ふっと、
気持ちが落ち着きました。

かまえていた余分なちからが、
抜けた気がします。

今度会うときは、落ち着いて、
相手の話をきちんと聴いて
みようと、素直に思えました。


「聴きかた」は、「生きかた」。

私のもとにおりてきた、
この短くて深いことばが、

そのことに、気づかせて
くれたような気がします。


そう。ひととどう向き合うかと
いうことは、
そのまま、自分自身と
どう向き合うかということ。

ていねいに、先入観なしに、
真摯に向き合いたいものです。


「『聴く』を磨く」第5期が、
そんな時間になればと思います。

あなたとともに、体験できれば、
とてもとてもうれしいです。

お申し込み、お待ちしています。

名古屋、東京とも、早期割引は、明日まで! 活用してくださいね〜♪


◆かめわざ流「聴く」講座、特徴は…?
-----------------------------------------
1●ワーク(体験実習)形式で、具体的に体験。
  かめわざ流「聴く」講座では、
  こころとからだまるごとで「聴く」を体感!
  ※走り回るような動きのあるワークは
  ありませんので、ご安心を♪

2●回ごとに、テキストを配布。
  その回の目当て、理論を明快に説明!

3●当日の講座内容を、音声ファイルで公開!

  その日の講座内容を録音した音声ファイルを、
  後日、ウェブ上に公開します。

  欠席した場合でも、講座の内容を
  確認することができます。
  ※パソコン使用者にかぎられます。

4●フォローアップ講座または補講割引つき!

  講座終了後に、フォローアップ講座
  または、補講をひらきます。

  ※補講の場合は、クローズドになります。

≪おまけ。≫

かめわざ流「聴く」講座の
もうひとつの特徴は、

「聴ける」こころとからだづくりです。


どんなに「聴く」ちからを
もっているひとでも、

ぐだぐだに疲れきっていたり、
ものすごーーーくいやなこと
があったあとでは、

そうそうすんなり、「聴く」
気持ちにはなれないでしょう。


それを、短時間で切り替える、
さまざまなワークをおこないます。

とーっても簡単で、
ときには、くすくす笑えちゃう、
そんなワークが、毎回、
手を変え、品を変え…

  あ、品は使いません。(^^ゞ

これを、使いこなせるように
なったら、もちろん、
日常生活でもお役立ちです♪


一緒に、「聴く」ちからを、
パワーアップさせていきましょう!(^○^)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
連続講座「『聴く』を磨く」第5期(全6回)
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
≪東京≫
■日時/隔週火曜日・全6回
  9月7日・21日、10月5日・19日、
  11月26日・16日
 (いずれも19時30分〜21時30分)
■会場/カフェ・ミヤマ渋谷東口駅前店1号室
  (渋谷駅東口徒歩1分)
■定員/20名
■参加費/30000円(全6回)各回1ドリンクつき
  ※8月31日までに前納されたかたは、
   早期割引価格27000円
■お申し込み/https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=70558


≪沖縄(西原町)体験講座≫ http://kikuwaza-okinawa.seesaa.net/
 9月2日(木)20時〜22時

≪磐田≫ http://kikunettoiwata.seesaa.net/
    9月26日(日)、10月10日(日)、11月3日(水祝)、
    11月14日(日)、11月28日(日) 19時〜21時
    12月4日(土)15時〜17時。 全6回

≪名古屋≫ http://kikuwaza.seesaa.net/
    9月12日、9月26日、10月17日、
    11月14日、11月28日、12月5日
  いずれも日曜13時30分〜15時30分。全6回。

≪大阪≫ http://kamewaza-kansai.seesaa.net/
    9月25日、10月9日、10月23日、
    11月6日、11月20日、12月18日
   いずれも土曜13時〜15時。全6回。
   
福岡・集中講座…10月31日・11月21日・12月19日
岡山・体験講座…11月27日
広島・集中講座…12月25日・26日(両日または1日)
posted by チーム名古屋 at 19:25| Comment(0) | 企画スタッフ便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

聴くことの大切さ

こんにちは 藤井です。

昨日、知多市のふれあいプラザにチラシを置いてもらいました。
反響があると嬉しいですね!

日々、人と関わって生活していくと
「聴く」事って大切だなぁ〜と感じることが多くなりました。
人は、なかなか本音を言いません、
実は、本人も気づいていないことが多いようです。
「聴く」事が出来れば、人の本音に気づくことも、気づいてもらうことも
自分の本音に気づいて、感じた気持ちを伝えることが出来るようになる気がします。

山下さん、
ブログの書き方を親切に教えていただき
ありがとうございます。

             ふじい かおる

posted by チーム名古屋 at 11:27| Comment(1) | 企画スタッフ便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

読んでください♪

スタッフの幸です。

今日は、かめおかさんの
紙上インタビューをご紹介します。

これを読むと、
@ かめおかさんのひととなりがわかります。
A ワークショップにかける思いに触れることができます。
B 聴く講座のワークをイメージできるかも。。

* インタビュアーさんのアクティブな聴き方にも
  注目してみてください。

 (興味・関心・好奇心 を持って聴くと
  こういうやりとりができるのかあ、って、
  私は思いました)


このインタビューは、去る6月19日
岡山市で開催された
「第15回中国地区演劇教育セミナー」の
実行委員・池葉須 明子さんがインタビュアーとなり
実施されたものです。

かめおかさんは、このセミナーの
講師を務めていらっしゃいます。

ではどうぞ。

↓  ↓  ↓

かめおかゆみこさんに聴く!(1)
かめおかゆみこさんに聴く!(2)
かめおかゆみこさんに聴く!(3)
かめおかゆみこさんに聴く!(4)
かめおかゆみこさんに聴く!(5)
かめおかゆみこさんに聴く!(6)
かめおかゆみこさんに聴く!(7)
かめおかゆみこさんに聴く!(8)


posted by チーム名古屋 at 00:38| Comment(3) | 企画スタッフ便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。